保育士が取得しておくとスキルアップにつながる資格⑦




病児保育に関する資格

病児保育とは、

就学前の子どもは抵抗力が弱く体調を崩しやすいです。そうなると、普段通っている保育園・幼稚園には通えません。しかし、仕事を休めない場合や兄弟がいると子どもたちが順番に体調不良になることもあり、そうなると連続して休みを取らなくてはならず、対応が難しいこともあります。そんな時に利用するのが病児保育です。体調不良の子を専門で預かる施設や、自宅へ訪問し保育を行うものもあります。(有名な漫画に【37.5℃の涙】がありますね。ドラマ化もしたので知っている人も多いかと思います。)

病児保育を行う方を病児保育士と呼ぶため、保育士や看護師でも病児保育をしていれば病児保育士となります。病児保育士となるための特別な国家資格は存在しませんが、施設型の場合は基本的に、保育士か看護師の資格を持っている必要があります。

病児保育士には国家資格は存在しませんが、民間の資格が存在します。

認定病児保育スペシャリスト

認定病児保育スペシャリストは、【日本病児保育協会】が認定している資格です。日本病児保育協会が実施している講習・実習を行い、試験に合格することで認定されます。高校を卒業している18歳以上の方で、所定の講習・実技を受講していれば受験資格を得ることができます。なので、これから保育士・看護師等になろうとしている人でも取得することができます。

認定病児保育専門士

認定病児保育専門士は、【全国病児保育協議会】が認定している資格です。資格認定研修に参加後、課題レポートの提出・面接等をクリアして認定を受けることができます。受験資格は、協議会に加盟している施設での実務経験・施設長からの推薦状・認定講座の受講等厳しい受験資格が必要となります。認定病児保育スペシャリストとは違い、すでに病児保育をしている方向けの資格となります。

医療保育専門士

医療保育専門士は、【日本保育医療学会】が資格認定している資格です。病児保育というよりは、病院に入院している子どもたちを保育する「病棟保育士・医療保育士」向けの資格です。こちらの資格も、保育士資格の保有・病児保育の実務経験・日本医療学会正会員の会員歴などが必要なため、病児保育士としての経験を活かしたい人向けの資格となります。

このように病児保育に関わる資格は多数あります。認定病児保育スペシャリストは誰でも受験できるため、興味がある方はぜひ資格取得を目指してみてください!

=============================================================================

元保育士による転職支援【保育士ハピネス】です!

保育士さんの不安や悩み、業界の負を解決したいという想いから転職支援を始めました!

今持っている悩みや不安を一緒に解決しましょう。

元保育士ならではの目線で、転職や問題解決のお手伝いをさせていただきます。

InstagramよりDMでの、ご相談も受け付けています!

⇒ https://www.instagram.com/hayakazu_shima/

=============================================================================

#保育士ハピネス #保育 #保育士 #保育園

#保育士あるある #保育園の先生 #男性保育士 #元保育士

#保育士の為の転職支援 #保育学生 #保育学科

#保育士の卵 #保育士のたまご #保育士資格 #保育士試験

#保育士1年目 #保育士2年目 #保育士3年目

#幼稚園教諭 #保育士ママ #育児の悩み #子育ての悩み

#保育士になりたい #保育士さんとつながりたい

#転職 #転職支援 #転職サポート

#mup #mupカレッジ

保育士ハピネス

​~すべての保育士に笑顔を~

  • ブラックInstagramのアイコン